子供スマホ情報局

子供にスマホを持たせる上で決めたいルール

子供にスマホを持たせる上で決めたいルールとは?

小学生や中学生など子供が小さい時にスマホを持たせるに当たり、最初にルールを決めなければなりません。

近年では連絡手段やGPS機能による防犯といった理由で小学校低学年から持たせている親御さんも多いものの、ルールがないと以下のような弊害があります。

  • ワンクリック詐欺による高額請求に慌ててしまう
  • 見境なく課金系のゲームを行ってしまう
  • スマホにのめり込みすぎてネット依存症になる
  • LINEや出会い系サイトで危険な被害に巻き込まれる

こういった事態を未然に防ぐために、子供と保護者でスマホや携帯電話のルールを決めた方が良いのはお分かり頂けるでしょう。

「自由に使えるのは自分で働いてお金を稼げるようになってから」と教え、きちんと理解してくれれば子供も平常心を失わずにスマホを使えるのです。

子供の年齢によっても変わるので一概には説明できませんが、どんなルールを作れば良いのか幾つかの例を見ていきましょう。

  • パスワードは親が管理して自由に使わせない
  • どんな理由があっても学校には持っていかせない
  • 「家族で集まっている時」「勉強の合間の休憩」など時間を決める
  • ショッピングや有料サイトなど課金が発生するものは親と相談する
  • SNSで個人情報が分かるような写真やメッセージは載せない
  • 夜○時以降はスマホを使わせない
  • 小学生のうちはインターネットでのアクセスを禁止する
  • 「故障したらお小遣いから支払う」と決めて物を大事に使う意識を強くする

親が一方的にルールを決めるのではなく、子供に合わせて臨機応変に変えていく柔軟さも大切です。

何もかもを縛り付けていると嫌になってしまうので、子供の意見も聞きながらじっくりと話し合ってみてください。

ルールを破った時の罰も考えておく

いくらルールを設定していても、破ってばかりでは意味がありません。

そのため、子供がスマホを使う上でのルールを破った時の対処や罰も同時に考えておく必要があります。

  • ○ヵ月間はスマホを没収
  • 急激に成績が下がったら解約
  • ○ヵ月間はお小遣い一切無し

こういった罰を与えることにより、「ルールを破るのはいけない」としつけにも繋がるのです。

スマホは現代人にとって欠かせない便利なアイテムでも、一歩間違えるとたくさんの恐怖が潜んでいます。

子供が小さなうちは上手く理解できませんし、教育に悪いゲームを勝手にインストールしたりネット依存症になったりと悪い方向へと進むケースも少なくありません。

そんな状況を防ぐ方法の一つがルールの設定なので、スマホを持たせる前に確認しておいてください。