子供スマホ情報局

子供にスマホを持たせる時に役立つフィルタリング機能

子供にスマホを持たせる時に役立つフィルタリング機能とは?

子供にスマホを持たせるに当たり、フィルタリング機能は大いに役立ちます。

これらの大手キャリアではフィルタリング機能が備わっており、有害なサイトを閲覧できないようにブロックできるのです。

近年ではインターネットが発達したことで、青少年に好ましくない映像やコンテンツを誰でも簡単に見られるようになりました。

私たち大人にとっては便利だとしても、小さな子供にとっては良くない影響が多いのでフィルタリング機能が役立つ理由はお分かり頂けるでしょう。

上記のように携帯電話会社から無料で提供されていますし、事前に申し込みするだけなので簡単です。

しかし、一部のキャリアではWi-Fi環境で無効となってしまうため、別の対策も行わなければなりません。

アプリを使ってフィルタリング機能を実装させよう

Wi-Fi環境でもフィルタリング機能を実装させたいのであれば、以下のアプリの使用をおすすめします。

Yahoo!あんしんねっと:無料で提供されている利便性の高いアプリで、「きっずモード」や「小学生モード」など年齢に合わせて5種類から自由に変更できる

スマモリ:Android向けの月額400円のアプリで、フィルタリング機能に加えて子供のスマホの利用状況まで確認できる

Filii:Android用の無料のモニタリングアプリで、初期設定を行うと有害サイトや有害アプリをブロックできる

無料でダウンロードできるものがあれば有料のサービスもあり、子供に合わせてどのアプリが必要なのか考えてみてください。

格安スマホにフィルタリング機能はある?

現在では大手キャリアではなく、他のMVNO業者から提供されている格安スマホが人気を得ています。

何よりも月額料金の安さが魅力的なので、以前まではフィルタリング機能が備わっていませんでした。

しかし、今では安心して子供へとスマホを持たせたい親御さんのために、フィルタリングができる格安スマホが幾つかあります。

TONE(トーン):遠隔操作による利用時間の制限やアプリのインストールの防止が月額1,000円で可能

Fairisia(フェリシア):位置情報取得や端末遠隔ロック、アプリの制限などの機能を搭載

この2つが代表的で、子供に格安スマホを持たせる時は安全性を考慮した選び方でサービスを決めましょう。