子供スマホ情報局

TSUTAYAの子供向けスマホ-TONEモバイルのメリット!評判や評価はどう?

TONEモバイルの特徴やメリットは?

TONEモバイルはTSUTAYAのスマホで、子供や高齢者に安心のサポート機能がたくさん搭載されています。

ドコモ回線を使ったMVNOで、mineo(マイネオ)やLINEモバイルなど格安SIMの一つです。

・大手キャリアのドコモの回線を借りてユーザーへと提供している
・基地局の維持費を中心とするコストがかからないからこそ料金が安い
・実店舗を持つサービスが少なく、テナント料が発生しない

こういった特徴が格安SIMにはあり、TONEモバイルは数多く存在するサービスの一つとなっています。

一般的な格安SIMの場合、子供向けの機能はそこまで充実していません。

しかし、TONEモバイルはオリジナルサービスを豊富に取り入れていて、MVNOで唯一全国子ども会連合会に推奨されました。

以下ではTONEモバイルの特徴やメリットを更に詳しく説明しているので、「子供に持たせるスマホが欲しい」と考えている親御さんは一度チェックしておきましょう。

基本プランの月額料金が1,000円と安い

子供にスマホを持たせたいと考えていても、ドコモやauなどの大手キャリアの場合はコストが高くつきます。

その点、TONEモバイルであれば基本プランの月額料金が1,000円と格安です。

・1年目も2年目も期間に関わらず毎月1,000円を支払えばOK
・データ通信容量は無制限なのでインターネットが使い放題
・050のIP電話であれば一般電話は3分間で13円、携帯電話であれば1分間で21円と安い

上記の特徴があり、ごちゃごちゃとした料金プランではなくシンプルなので非常に分かりやすいのではないでしょうか。

インターネットが使い放題なので子供へと使わせる場合は家族で使用時間のルールを決めなければならないものの、Webサイトを見たり動画を視聴したりと毎月のデータ容量を気にせずに済みます。

他社の格安スマホでは別途で料金が発生することの多いアフターケアサポートも、全て1,000円の月額料金の中に含まれています。

・金銭的な負担の少ない格安スマホを子供に持たせたい
・高齢者でも使えるスマートフォンが欲しい
・初めてスマホを持つので使えるのかどうか不安

このような悩みを抱えている方は、TONEモバイルを選んでみてください。

基本プランに加えて豊富なオプションサービスを付け加えられる

TONEモバイルでは必要に応じて、基本プランに加えて豊富なオプションサービスを付け加えられます。

「こんな機能が子供のためにあったらいいな」というサービスを付ければ、更に便利にスマホを使えるのです。

以下ではTONEモバイルの具体的なオプションについてまとめてみました。

・10分間以内の通話が家族でも友人でも無料となる「IP電話かけ放題オプション(月額500円)」
・電話番号を使ってメッセージのやり取りができる「SMSオプション(月額100円)」
・090や080から始まる音声通話が利用できる「090音声オプション(月額953円)」
・インターネットの高速通信ができる「高速チケットオプション(1GBで300円)」
・スマホの破損や盗難の際に端末を交換できる「安心オプション(月額500円)」
・危険なウイルスが入っていないかどうか検知する「ウイルスチェックオプション(月額300円)」

通常の料金プランの場合、050のIP電話では一定の料金が発生します。

親御さんもTONEモバイルをお持ちであれば通話は無料でも、「母親はドコモで子供はTONEモバイル」というケースでは1分間で21円がかかるのです。

しかし、IP電話かけ放題オプションへと加入すればいつでもどこでもお子さんと無料で連絡を取り合えるので、なるべく加入した方が良いでしょう。

子供向けの機能が充実したTONEファミリーオプションを取り入れている

「TONEモバイルが子供におすすめの格安スマホ!」と言われているのは、子供向けの機能が充実したTONEファミリーオプションを取り入れているからです。

最も強調しているのは月額1,000円という料金の安さでも、TONEモバイルではファミリー層をターゲットとしています。

だからこそ「安心」「安全」を重視していて、お子さんにおすすめの機能を見ていきましょう。

あんしんインターネット:「小学生モード」「中学生モード」「高校生モード」と年齢に合わせて選択でき、有害なアダルトサイトや出会い系サイトをブロックできる
居場所確認:現在地メニューをワンクリックするだけで親御さんのパソコンやスマホから子供がどこにいるのか確認できる
アプリのインストール制限:アプリのインストールや購入を禁止でき、高額な課金サービスへと間違って加入するリスクがなくなる
利用時間制限:家族内で決めたルールに従って利用時間を制限でき、スマホの画面上には「現在利用できない時間です」と表示される
歩きスマホ警告:歩きスマホを検知すると自動的に画面上へと警告が出されるので、子供の事故やトラブルを未然に防げる

スマホの利用制限やWebフィルタリングに加えて、歩きスマホを警告できる機能が備わっているのがTONEモバイルのメリットです。

子供が初めてのスマホを持って嬉しくなり、ついつい歩きながら触ったりゲームしたりするケースは少なくありません。

歩きスマホをしていた女性が電車にはねられる事故も実際に発生しているので、子供にやめさせるために便利なのです。

アフターサポートが充実している

アフターサポートが充実しているのがTONEモバイルのメリットで、他の格安SIMとは大きく異なります。

・オペレーターと直接やり取りできるコールセンターへの電話
・機械操作が苦手な方に適した遠隔リモートサポート
・TSUTAYAの店舗のスタッフによる対面サポート
・基本操作をマスターできるスマホ教室による対面サポート

これらが全て無料で提供されているため、オンラインや店頭でTONEモバイルを申し込む方は増えました。

TONEモバイルの評判や評価はどう?

TONEモバイルと契約する前に、どんな評判や評価を得ているのか見ていきましょう。

・フィルタリングサービスが充実していたので娘のスマホとしてTONEモバイルを選びました
・「TSUTAYAのスマホ?」と最初は不安でしたが、思った以上に操作がしやすいです
・月々の支払いでTポイントがどんどん貯まっていくのがお得だと思いました
・アプリの利用状況を確認できるTONE見守りはとても役立ちます
・選べる端末が1種類しかないのは少し不便なので、これからに期待といった感じです
・GPSの精度はそこまで高くなくても、十分に位置情報を確認できるレベルだと感じました
・何よりも1,000円という料金が魅力的なのでこれからも子供に使わせます

TONEモバイルを使用する際に気をつけなければならない点は?

格安スマホの中でも評判は高いのですが、TONEモバイルを使用する際に気をつけなければならない点が幾つかあります。

・通信速度は500kbps〜600kbpsなので3大キャリアと比べるとスピードが遅い
・YouTubeの高画質の動画を視聴するのは少々難しい
・専用の端末を使わなければならないのでiPhoneなどを持っている場合はコスト面で不利
・090の音声通話オプションが割高なので番号乗り換えのMNPに弱い
・電池持ちがあまり良くないので利用時間が長いと使えなくなる

どのサービスから提供されている格安SIMにもメリットとデメリットの両方があり、色々な面で比較して子供にピッタリのスマホを選んであげてください。